北海道ワインの通販 余市ワイン公式サイト|YOICHI ONLY WINE

おいしさを醸す場所

おいしさを醸す場所

「余市ワイン」は、爽やかな余市の気候の中でしっかり完熟させた葡萄を使っています。
余市の自然が育んだ葡萄を、余市の気候風土の中で仕込んでいるから美味しいのです。

海と山と温暖な気候と。

北海道南西部、積丹半島のつけ根に位置する余市町。北は日本海に面し、三方を緑豊かな丘陵地に囲まれた、漁業と農業の町です。余市町は、対馬海流の影響により、北海道の中では比較的温暖な気候に恵まれています。夏の平均気温は20℃前後、冬はマイナス2℃前後で、積雪こそ多いものの最低気温がマイナス10℃を超えることはほとんどありません。夏から初秋にかけては爽やかな天気が続き、雨も少ないのが特徴です。町内各所で見られる縄文時代等の遺跡からも古代から人が定住していた住み良い温暖な土地であることがうかがえます。

北海道最大の葡萄生産地。

余市町の農業は果樹が盛んで、農業人口の約8割が葡萄やリンゴなどの栽培を営んでいます。果樹栽培は、明治8年に初めてリンゴの苗木が植栽されてから増え続け、昭和46年には栽培面積が1,700haに達するなど、リンゴ栽培がピーク期を迎えました。その後、消費者ニーズの変化などを背景にリンゴの栽培面積の減少が続き、代わって葡萄や梨などが台頭しました。現在では、葡萄、リンゴ、梨ともに全道一の生産量を誇る果物の町として知られています。

ワイン葡萄の栽培好適地、余市。

余市町で栽培されているワイン葡萄(醸造用葡萄)の代表品種は、栽培面積上位順にケルナ-、ツバイゲルト・レーベ、ミュラートゥルガウ。いずれも耐寒性のあるドイツ系品種です。『余市ワイン』では、この3品種を契約農家の皆様に委託して栽培。昼夜の寒暖差が大きい余市は、色素と糖度に優れた葡萄の果実を育てられるため、ワイン葡萄栽培の好適地と言えます。また、余市町の気候は、平均気温や日照時間が本場ドイツと似ているとも言われています。

おいしいワインの飲み方講座|北海道余市ワイン

余市ワインが余市にこだわるワケ|北海道余市ワイン

こだわり余市ワインを購入 オンラインショップ

ウェブマガジン旅色の北海道(小樽)グルメ&観光特集に紹介されました

Official site

日本清酒株式会社
【千歳鶴】北海道・札幌の地酒
ことぶきみそ